界最安コスト

1日に3人の全身脱毛のお客様を施術した場合1ヶ月では…

1ショット 0.1円との差

60円 × 3人 × 30日 =

5,400円

1ショット 0.2円との差

260円 × 3人 × 30日 =

23,400円

それが1年だと…

1ショット 0.1円との差

5,400円 × 12ヶ月 =

64,800円

1ショット 0.2円との差

23,400円 × 12ヶ月 =

280,800円

となります。

お客様の人数が増えれば増えるほどこの差は大きくなりランニングコストの差が広がります。

他社マシーン 1ショット単価 0.1~1円と比べ

弊社Rizinの、1ショット単価 0.07円では

サロンの価格設定において間違いなく優位になります。

弊社Rizinは、往復不要の連射BIPLです。

従来の連射式では、連続照射時に出力が弱まる為、往復(重ね打ち)が必要となり結果、実際のショット数が増えコストがかさむ、施術時間が長くなってしまうという弱点がありました。

しかし、BIPLは高出力を維持した連射式の為、往復(重ね打ち)が不要です。

更に、優れた冷却システムを搭載することにより、基本的に冷却ジェル不要の施術が可能です。

これにより、全身照射時間が12分(理論値)となり、従来の単発式 業務用脱毛機と比べ全身照射時間を 1/3 以下に短縮できます。

ランニングコストが安い(1ショット0.07円)

他サロンと比べ価格設定で有利

コストの差により広告費などに力を入れられる

往復不要 BIPL

回転率が高い(1人あたりの予約枠が短くなる)

予約件数の上限アップ(予約の取り易いサロンとなる)

年々、光脱毛のニーズが増える中、今セルフエステサロンやセルフ脱毛サロンが注目を集めています。

お客様自身が、ご自身で施術を行うセルフ脱毛は、スタッフ人件費をかけずに他サロンとの差別化ができ、集客に繋がる新たなメニューとして気軽にサロン様に導入して頂けます。

弊社 Rizin の簡単な操作方法により初めてのお客様でも数分の説明で施術が可能。

1ショット単価が業界最安である為、ランニングコストと人件費を抑えられるセルフ脱毛にも、最適なマシーンとなっております。

サロン様だけでなく、美容室様や個人様にも Rizin をオススメできる理由です。

<業務用脱毛機 比較表>本体価格:[Rizin]98万円、[エクストラボ]470万円、[レナード]468万円、[NBS]238万円、[エクレーヌ]138万円/1ショット価格:[Rizin]0.07円、[エクストラボ]0.1円、[レナード]0.46円、[NBS]0.18円、[エクレーヌ]0.46円/ランプ代:[Rizin]5万円、[エクストラボ]10万円、[レナード]9.2万円、[NBS]18万円、[エクレーヌ]13.8万円/往復施術の必要:[Rizin]不要、[エクストラボ]2往復、[レナード]不要、[NBS]不要、[エクレーヌ]不要/全身ショット数:[Rizin]2000、[エクストラボ]8000、[レナード]2000、[NBS]2000、[エクレーヌ]2000/全身コスト:[Rizin]140円、[エクストラボ]800円、[レナード]920円、[NBS]360円、[エクレーヌ]920円/連射数:[Rizin]1~10、[エクストラボ]1~10、[レナード]1~10、[NBS]1~6、[エクレーヌ]1~3/最大出力:[Rizin]3000W、[エクストラボ]2400W、[レナード]1500W、[NBS]1650W、[エクレーヌ]1200W